東日本大震災時のTwitter利用

Twitterによる情報発信をする地方自治体が東日本大震災後特に増加しています。しかし、どのような使い方をすればよいのかはわかっていません。我々は、東日本大震災時に地方自治体などの公共アカウントについて、どのように使われた場合にどのようにユーザが反応したかを調べました。その結果、1次情報を提供することが重要であることなどがわかりました。分析結果は運用ガイドラインとしてまとめられました。

主な発表文献

Twitter Use in the Great East Japan Earthquake

More and more municipal organizations have been using Twitter for information distribution or interactive information exchange. Such official information sources are supposed to be relied upon by citizens when a disaster breaks out, but how such information on social media should be operated is not known.

This research investigated the user behavior around the Twitter accounts of municipal organizations in the Great East Japan Earthquake. Through the close investigation, the operation guidelines for a municipal Twitter account were obtained.

References