Research

Bi-directional Telepresence Robots

テレプレゼンスロボットを遠隔双方向で利用するシステムを研究開発しています。

read more

Wearable Cuing System for Physical Collaboration

身体的協調作業を支援するウェアラブル情報システムを研究開発しています。

read more

Automatic Speech Recognition for Non-native Speakers

非母語話者の自動音声認識は困難です。我々は認識率の高い母語話者の発話内容を、非母語話者の発話の文脈として利用することで、非母語話者発話の認識率を高める手法を提案しています。

read more

Super-real Experience by Physical+VR Objects

安全のためには危険を知る必要がありますが、講義だけでは実感できません。実機とVRを組み合わせたシステムにより、安全にリアルな体験を可能としています。

read more

Media Enhanced Communication for Second Languages

多文化共生に向けて、遠隔音声会話にテキスト情報を併用する効果をコミュニケーション理論に基づいて検証しています。

read more

VR Psychotherapy System

VR技術と視覚的カウンセリング技法によって、没入感の高いメンタルヘルスケアシステムを開発しています。

read more

Speech Rate Awareness System for Non-native Speakers

多文化共生社会に向けて、音声処理技術により、母語話者と非母語話者が気持ちよく会話できるような仕組みを提案、開発しています。

read more

多人数遠隔会話のための音像定位分散

多人数の会話では多方向から声が聞こえてくることが聞き取りに役立っています。遠隔会話の場合にも、簡単な2chステレオ方式の音響技術で多方向から声が聞こえるようにしました。

read more

マイクロタスク型クラウドソーシングによるイラスト生成手法

ちょっとしたイラストをほしいを思うことはありませんか。クラウドソーシングによって、すぐにイラストが得られる仕組みを提案し、システムを開発しました。

read more

Interface Agent for Pseudo Co-Dining with a Remote Person

食事をする時に会話する相手が食事をしなくても、一緒に食べながら会話をしているように感じられるインタフェースエージェントを開発しています。

read more

東日本大震災時のTwitter利用

災害発生時に公共団体はTwitterをどのように運用すればよいのでしょうか?東日本大震災時のデータを分析しています。

read more

時差食事コミュニケーションKIZUNA

地理的に離れていたり、生活リズムがずれていたりするために食事を一緒にとることが難しい人たちを対象として、食事時のコミュニケーションを楽しむ仕組みを提案しています。

read more

同室感コミュニケーションBHS

遠隔ユーザが同じ部屋にいるように感じられるビデオコミュニケーションシステムを開発しています。

read more

未来の食卓FDT

食事者の状況をリアルタイムで認識して状況に応じた支援を行う環境、Future Dining Table(FDT)の開発しています。

read more

会食分析

どうして会話をする場面には食事があることが多いのでしょうか。 この疑問を明らかにするために、食事がある時とそうでない時で コミュニケーションにどのような違いがあるのかについて調べています。

read more

MRコミュニケーション

遠隔地からの会議参加者を、複合現実感(MR)を用いて CG アバタとして現実世界上に重畳表示することにより、分散会議を実現できます。

read more

タスク学習MRシステム

身体の動作を伴う「操作」の学習を支援するため、 「複合現実感(MR)での教示像提示による操作学習支援システム」を開発しています。

read more

インタラクティブ広告システム

集団に適した広告を自動的に提示するスマートな広告システムや、 見ている人の顔が広告の中の登場人物に入り込むインタラクティブな広告システムを開発しています。

read more

装着型コミュニケーション記録装置WCRの開発

偶発的に発生するコミュニケーションのビデオ録画が可能であり、必要情報を得るために大量のビデオデータ処理が不要な装置を開発しました。

read more